スマートな英会話を話す際には時として文法はいらない

英会話は相手にも聞きやすいスピードで会話をすることを心がけましょう。

慣れていないで文法通りに話そうとしても意思疎通に時間がかかるだけでなく、会話中には相手にも時間を取らせてしまうことになります。

 

英会話はスマートな意思疎通が好まれます。わかりやすく、意思を伝えるためには英会話は時として文法通りに話さなくても良いのです。

英会話を実践的に練習するには?

英語の学習方法は自分にベストな学習法を見つけそれを反復練習していくことが大切で、耳に入っても会話にならないので、英会話も実践的に練習していく必要があります。

ネイティブとの会話を重ねることでスムーズな英会話を学ぶ事が出来ると共に無駄な文法を取り、いらない表現を取り除く事も大切です。

 

ネイティブの発音に慣れないと意味すら理解することが出来ないので発音に慣れる

英会話学校などで会話をすることで徐々に英会話のスキルを上げることも出来ますが、英語の勉強をして、基礎的な英語のスキルを高め、実践的に喋っていくことで読み書きから会話までを学ぶことが出来ます。

 

しかし、ネイティブの発音に慣れないと意味すら理解することが出来ないので、しっかり自分で意思疎通が出来るようになるまで本場の英語を実践して覚えていく必要があります。

ネイティブと話をしてアクセントを確認する

 

読み書きならば義務教育でも英語を習いながら学んでいくことが出来ますが、さらなるスキルアップのためには、実践的にネイティブと話をしてどのようなアクセントで喋れば良いのかをしっかり把握することが大切なのです。

英会話は何度も英会話を繰り返して表現をしていくことで、徐々に自然に喋れるようになります。文法のいらないフレーズも確認しておきましょう。

命令形などでは省略が多いということ知っていますか?

You have to do away because here is proibidoでは長いので

Pls go away no enter here .

Shoppoingのケースでも

I,m going to bring this pizza for my home. では長いので

Take out pls のみでOK

積極的に英語の音楽などを聞いてトレーニング

 

相手も状況ではそれだけで理解できるケースでは無駄な文法はいらないのです。このような点を理解していれば、英会話は早く上達します。

 

英会話を喋り続けていれば英語学校に通わなくても十分に英語が喋れるようになります。そのためにはしっかり耳が英語の発音に慣れる必要があります。

 

英語の発音に慣れるためには積極的に英語の音楽などを聞くのも効果的です。

また基礎的な文法などの学習も継続的に行う必要があります。

何度も話しながら反復練習

英会話は基本的に単語のみで会話をすることもあるので、文法に囚われていると会話をするスピードが遅くなります。ダラダラ話しているように見られ文法通りに(学校で習った英語)をそのまま会話として話していてはネイティブにはあまり好まれません。

 

要件をさっと述べてノンストレスな会話がベストです。そのため何度も会話をしていく事が大切なのです。ネイティブが言っていることが理解できるようになります。

ネイティブスピーカーのように話すために

文法では無く一つ一つの単語の持っている意味を知ることでネイティブスピーカーのように話すことが出来ます。

聞き取りが出来ないならば、英語に耳が慣れていないので、徐々に発音に慣れる練習も必要です。

実際にオンライン学習などでも良いのでオンラインで英会話を実践して行くことで練習に繋がります。

オンラインでの英会話にて、スピーチの練習をする、
毎日決めた時間で良いのでネイティブとオンラインで会話をして英語力をつけることで、今よりももっと喋れるようになり英会話が早く上達するコツを掴むことができます。

文法に捕らわれず、自由に話せるようになる

英会話において基礎的な文法を用いることはもちろん大切です。基礎的な話し方が可能になりますが、ネイティブスピーカーのように話すためには上手く話し方を省略して話します。

例文1

 

I understand what you told me 2 year ago

I got it what you told then.

例文2

I want to go to a favorit place  where you told me 2 weeks ago

I,m interested  to go tha place where you like

このように上手く省略しながらネイティブは話します。相手にもわかりやすく気軽に話せるようにしましょう。ネイティブスピーカーとした話せるようになるまでには十分に話し方や、文法にとらわれないような単刀直入な喋り方も大切です。

英語の勉強方法でもしっかり「主語」「述語」「動詞」を理解しておく必要があります。また「未来系」「過去形」もしっかり分けて考える必要があります。

自分の英語力を知るためにもTOEICで高特得点スコアを出すために基礎的な英語力を学ぶことも必要です。英語力を高めるならば外せない項目です。自分で学んだことをしっかり証明することが出来ます。

無駄な文法を省いた英語の学習

スムーズな英会話をマスターするためには留学や在住し、現地のネイティブの英語に慣れる必要があります。

オンライン英会話などを利用して英語を学習すれば、アクセントを学びながら学習可能です。

独学で英語を学ぶためには英語のプロやネイティブと、面に向かって話をしていくことが一番効果的です。上達のコツとして、相手と顔を見て話をするだけで英語が十分に上達しします。英会話においては聞いてしゃべるを繰り返していくことで文法のいらないフレーズなども学びましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。